中高年女性 永久脱毛

中高年女性こそ、永久脱毛を!

40代後半から、自分で脱毛することが本当に大変になってきた。
まともにできるのは、腕くらいだろうか・・・脇の下も、脚も、カミソリ、脱毛器具、ワックス、毛抜き、何を使ってもうまくいかない。

 

原因は、ずばり、「老眼」だ。 とにかく、小さい毛が見えない。
老眼鏡をかけていても、顔の角度によっては、老眼鏡越しに見ることができないから、裸眼と同じだ。

 

だから剃り残し、抜き残しがあちこちに出る。ノースリーブやフレンチスリーブを着ていると、
電車の中で腕を上げることができない。短いスカートを履くことにためらいが出る。本当に不便だと思う。

 

私たちが若い頃、永久脱毛といえば高価で、とても簡単に手が出る代物ではなかった。
ここ十数年の間に、随分お値段も下がってきて、経済的には十分試してみる圏内に入ってきている。

 

しかし、自分の年齢を考えた時に、
これから結婚するわけでなし、リゾートで水着になるわけでなし、初めてのお相手とデートするわけでなし・・・

 

「サロンに行くと、『この人、何のために来たんだろう。』っ
て笑われるんじゃないだろうか・・・」と思うと、なかなか踏み切れない。 

 

だから声を大にして言いたい。
「中高年女性こそ、永久脱毛を!」って宣伝してくれるサロンが出てきてほしい、と。